>

面接形式に合わせて自由自在

レンタルオフィスで面接を行うことのメリットとして、机の配置など部屋の使い方の自由度が高いという点が挙げられます。

部屋のレイアウトを変えたり、空間の使い方の自由度が高いということは、それだけ企業の望むスタイルで面接を実施できるということです。落ち着いて話ができるスタイルがよいのか、グループディスカッションのようなものをはさみたいのか、レンタルオフィスであれば自由に調整できる利点があります。

また、このように自由度の高い空間に面接会場を設定することで、就活生にとってリラックスできる環境もつくれます。これにより、就活生は窮屈さなどの面でストレスを感じることなく面接に挑めるでしょう。自らの持てる力を十分に発揮できる環境は、就活生と評価担当者、双方にメリットがあるはずです。

面接向きの部屋を選べる

さらに、会場となる部屋そのものも、より面接向きのものを選ぶことができるという利点があります。面接を行う部屋としては、周りが騒がしい、作業空間と隔てられていない、といった場所は向いていませんが、自社にもともとある部屋はそういうのばかりだ、という会社もあるかと思います。

一方レンタルオフィスを利用すれば、作業空間とは仕切られた静かな部屋を用意することが簡単です。就活生の気が散ってしまったり、落ち着くことのできない環境で実力を発揮できない、といった可能性を減らしてしまうことができるので、双方ともに快適な心持ちで、面接に臨めるのではないでしょうか。

さて、ここまで、レンタルオフィスを採用面接の会場として利用することのメリットについて、紹介してきました。いかがでしたでしょうか?もし読者のみなさんのお役に立てる部分があったなら、喜ばしい限りです。みなさんのご活躍を、心より期待しております。


レンタルオフィスだからこそ高い自由度

この記事をシェアする